矯正治療の歴史

矯正の歴史と変化について

矯正歯科治療に関する最古の資料として、紀元前に使用されていた矯正器具がギリシャやエストニアから出土しています。つまり、当時からすでに歯列を整えることに関心があったということになりますね。また、現代の矯正学の基礎が出来上がったのが今から百年ほど前で、入れ歯を固定するために使用されていた技術が発展されたと言われています。 近年開発された矯正装置と従来の矯正装置を見比べますと、新しい矯正装置は利点も多く感じます。アメリカで一世風靡したデーモンシステムはそれが顕著で、矯正歯科治療期間の短縮や抜歯のリスク低減など今までの装置にはない特性や長所がありました。このように矯正歯科治療の難点を改善することで、より治療のしやすい環境になったと感じます。

歯列矯正の今後の動向について

ここで、矯正歯科治療の今後の動向について考えてみましょう。まず、最新の矯正装置といえば「インビザライン」や「デーモンシステム」が記憶としては真新しく、従来の治療法にはない長所が豊富だと感じました。そこで、今回はインビザラインの「可撤式」に注目してみます。 従来の矯正装置と言えば、当然ながら完治するまで矯正装置を着けなくてはいけませんでした。歯磨き中や食事中でも装置を外すことができないので、装着したまま生活することに初めは馴れないという方も多かったようです。しかし、インビザラインは規定の装置時間さえ守れば着脱可能であり、今まで感じていたような不快感から脱却することが出来たのです。 このような今までには無い特長を備えた装置というものは注目が集まりやすく、手軽に始められることから治療への普及率にも貢献しているみたいです。よって、今後もインビザラインのような常識を覆す矯正装置が開発されると思われます。